未来のVCの形の潮流を創る③【世の中の流れと価値観づくり】

ベンチャーキャピタルって仕事は無くなる?

「ベンチャーキャピタルって仕事は、将来的にはなくなるだろう」という話を、15th Rock Venturesのパートナーの源とたまにしている。
私は東芝の研究者を辞め、VCの世界に入り今年でちょうど11年。それなりの経験と実績を積んだとは思うが、改めてVCの仕事って何だろう?と考える。

「スタートアップに資金を提供する」
「スタートアップの成長をサポートする」
「起業家に寄り添ってハンズオンで支援する」
「起業家の良きパートナーとして」 などなど。

このようなよく言われていることを、私達も実践しているとは思う。ただ、それだけなのか?それではただお金を出して起業家が頑張る所に乗っかり、たまにちょっと価値を提供しているだけの仕事で、そのうち価値がなくなって仕事がなくなるだろう。

VCを単純化していうと、LP投資家から投資して頂いたお金を、10年というファンドの期間に複数のスタートアップに投資してリターンを稼いでそれを投資家にお返しするのが仕事である。一方で、起業家はスタートアップとしての夢を語り、その世界観を実現させて、新しいサービスや製品を世の中に出して世界を変えるのが仕事である。VCは、そのような複数の世の中を変える起業家に投資して、各スタートアップの成長したリターンを合わせてLP投資家にお返しする。

よくよく考えると、VCは世の中を変えるといっている複数の起業家に投資をするので、全部成功すると当然ながら、世の中ってメチャクチャ変わるよね?つまり、VCって、世の中の流れの大きな方向性を捉えて、世の中の変化を大きく加速させるのである。

世の中の流れを創っていく、そして価値観を考え続ける

我々の最大のサポーターでもある孫泰蔵さんと話している中で「VCは世の中の流れを創っていくのが一番の仕事である」と教えて頂いた。これには非常に腹落ちし、我々はまさにそれを目指さなければならないと考えている。

この世の中の流れを創っていくために、
「投資テーマを掲げてその分野の流れを加速させる」
「それを支えるコミュニティーを創っていく」
「価値観を考え続ける」
という三点が、我々がやっていかなければならないことである。